工事の安全を祈願する

模型

工事に着手する前に行う

一戸建てを茅ヶ崎に建てる過程には、いくつかの宗教的な儀式が登場します。普段知ることのないこれらは、地域によって仕切りが異なることも少なくありません。設計が決まるといよいよ一戸建ての建築工事がスタートしますが、実際の一戸建て工事に着手する前に行うのが地鎮祭です。地鎮祭とは、工事の無事を祈願して土地を払い清める行事です。一般に神主さんが執り行う神道の儀式として実施されています。参列するのは施主とその家族、設計者や建築業者、棟梁、職人さんなどです。昨今では簡略化されることも多く、実施しないケースもあるようですが、地鎮祭を行うかどうかを決めるのは施主です。茅ヶ崎の習慣や工事に携わる人たちの気持ちも考慮して、施行業者と相談して決めるといいでしょう。尚、ハウスメーカーの中には契約料の中に地鎮祭の料金が含まれているケースがあります。普通、茅ヶ崎の地鎮祭は建築現場の近くの神社に依頼して神主さんに来て頂き行います。実施するのは整地が済んだ後の吉日の午前中で、時間は30分くらいです。儀式に使用する御神酒、鋏や鋤などの道具は、施主が準備します。儀式の流れや準備しておく道具などが地域によって違うので、事前に施工業者などと打ち合わせをしておくと安心して取り組めます。他に神主さんへの謝礼や、一戸建て工事に関係する人へのご祝儀が必要です。金額や渡すタイミングも施工業者に相談して茅ヶ崎の相場を確認しておくといいでしょう。